文へスキップ
Takefu Higashi is a senior high school whose aim is to strengthen international communication through student exchange and global studies.

TEL. 0778-22-2253

〒915-0004 福井県越前市北町89-10

フォトニュース 2018Photo News

         昨年度以前ものはこちら→   2017年度  2016年度

★2018年11月27日~30日 2年普通科 沖縄修学旅行の様子(PDFファイル)
★2018年9月23日~27日 グッドカウンシル高校との交流活動の様子(PDFファイル)
★2018年9月2日~6日 2018年度学校祭の様子(PDFファイル)
★2019年1月24日   第2学年課題研究発表会(PDFファイル)

2019年3月26日(火)吹奏楽部 アンサンブルコンテスト全国大会 銀賞受賞
     

吹奏楽部のアンサンブルチームが上位大会で好成績を収めました。
クラリネット4重奏チーム(梅田美知琉、伏里優花、東井七海、福嶋タソラ)は、北陸代表として札幌市で開催された全日本アンサンブルコンテスト全国大会に出場、日頃の練習成果を十分に発揮し、見事銀賞の栄誉に輝きました。
 また、このクラリネット4重奏チームとともに、フルート3重奏チーム(福岡亮太、吉村歩美、笛吹胡桃)は、岐阜県で開催された中部日本重奏コンテスト本大会に出場し、両チーム共に見事金賞を受賞しました。
 
 3
30日午後6時から鯖江市文化センターで開催される、第31回定期演奏会において両チームの演奏が披露されます。

2019年3月22日(金)3学期終業式が行われました

伝達表彰および3学期の終業式が行われ,渡辺校長が次のようなお話をされました。

先日,直木賞作家・三浦しをんさんの講演会に参加しました。三浦さんはあえてメモをとらずに取材をし,取材した人の雰囲気や印象を大切にしながら作品の設計図を作ります。作品によっては何年も取材することがあるそうです。三浦さんほどのプロでも,表現するための努力を惜しまずにいるということです。生徒の皆さんは,「超スマート社会」といわれる未来に大人として生き抜いていかなければなりません。これからの予測不可能な時代を生き抜くためにも,ぜひ常日頃から思考し,表現することを意識してください。

次に,『論語』から一節紹介します。「吾,日に三度吾身を省みる。人の為に謀りて忠ならざるか。朋友と交わりて信ならざるか。習わざるを伝うるか。」(私は毎日3つのことを反省している。人のために全力を尽くさなかったのではないか。交友において偽りはなかったか。身についていないことを人に伝えていないか。)皆さんも,平成30年度を振り返って,どこが良かったのか,どこがいけなかったのかを反省し,将来に向けてさらに能力や個性を磨いていってください。

今年度で退職される渡辺校長先生。このお話が校長としての最後の挨拶となりました。生徒たちにとって,新学年に向けての心強いメッセージとなりました。


2019年3月1日(金)第30回卒業証書授与式が行われました
     
     

吹奏楽部と音楽選択生合唱団による『大地讃頌』が響き渡る中,第30回卒業式が開式しました。国歌,新福井県民歌斉唱の後,渡辺祥子校長から,普通科127名,国際科55名,計182名に対して卒業証書が授与されました。校長は式辞の中で,郷土の偉人・渡辺洪基のように,「新時代のプランナーとなり,グローバル社会に対応し,地域を愛し,且つ社会に貢献できる人物に成長してほしい」と述べられました。続いて,県教育委員会から「励ましの言葉」,PTA会長から来賓祝辞をいただきました。PTA会長は,「人生の先輩」,「親」,そして「武生東高校の卒業生」という3つの立場から、ご自身の体験談も交えながら、あたたかいメッセージを送られました。

在校生代表の送辞では,生徒会長が先輩方への感謝の気持ちを述べました。これを受ける形での答辞では,卒業生総代が東高校で過ごした3年間を振り返りながら,支えてくれた先生方,友人,そして家族への感謝の思いを語り,これから羽ばたいていく未来への抱負を力強く述べました。

校歌,そして「仰げば尊し」の合唱により,式はフィナーレを迎えました。3年生の皆さん,卒業おめでとう!


2019年2月21日(木)吹奏楽部 アンサンブルコンテスト上位大会へ!

アンサンブルコンテストにおいて、本校吹奏楽部の2チームが上位大会へ進出を決めました。

 112日の丹南地区大会を突破した3チームが、126日の福井県大会に出場、さらにこの大会においてクラリネット4重奏チームとフルート3重奏チームの2チームは、金賞を受賞し、上位大会2大会への県代表の座を獲得しました。

 
その一つの北陸大会は210日に開催され、フルート3重奏は銀賞を受賞、クラリネット4重奏は金賞受賞並びに北陸代表として全国大会出場権を獲得しました。全国大会は321日、札幌において開催されます。

 もう一つの中部日本個人重奏コンテスト本大会は324日、岐阜県で開催され、この2チームがアベック出場する予定です。


2018年12月18日(火)本校生徒会と南越特別支援学校との交流

武生東高校の学校祭時に募集をした未使用タオルを使って、南越特別支援学校の高等部の生徒が雑巾を作ってくれました。本日南越特別支援学校で贈呈式が行われ、雑巾だけではなく、鉢植えや木工ベンチなど多くの製作物を贈呈していただきました。
 
 贈呈式ではそれぞれの学校の生徒会長と副会長が対面し、お互いに挨拶と感謝の言葉を交わしていました。参加した生徒は、普段関わる機会がない学校の生徒との交流ということで、貴重な機会となったようです。

2018年11月30日(金)シンガポール研修報告③
     

4日目。朝、ホスト宅からホテルに集合し、お世話になったホストファミリーに別れを告げました。
この日の活動は、班別に学生ガイドをともない、午前が班別リサーチ、午後は2カ所の街並みを選んでの散策でした。地下鉄やバスを乗り継いで目的地に向かい、そこで自ら進んでスタッフをつかまえて質問するという取り組みです。ガイドとも話をしながら、生の英語にどっぷり漬かりました。

夕刻、クラークキー駅に近いレストランに集合。ほぼ一日中立ちっぱなしだったので、どの子も疲れ果てている様子でした。しかし、この研修旅行のまとめとなる班別報告会こそ大切、と意気込む生徒らは、打ち合わせや練習を進めていくうちに、どんどん目を輝かせていきました。報告会では、シンガポールでの学びをクイズやスキットを交えながら英語で発表し、5日間の研修の成果を確認し合いました。

2018年11月28日(水)シンガポール研修報告②
     

3日目は、世界的にも有名なシンガポール大学の学生との交流活動でした。大学生とグループになり、各グループがテーマに基づいたプレゼンテーションの内容を考え、英語で発表するというものでした。どの生徒も積極的に取り組み、大変素晴らしい交流となりました。

 大学のキャンパス巡りの後、お世話になった学生ガイドに別れを告げ、マーライオン公園へ。ホームごとに記念写真を撮り、束の間の散策を楽しみました。全員が元気に研修に臨んでいます!

2018年11月27日(火)シンガポール研修報告①
     
 無事にシンガポールに到着。全員元気です。

 27日は朝食を終えるとすぐに、班ごとに現地ガイドと対面し、企業訪問に出かけました。仕事の楽しさや厳しさ、奥深さに触れる中で、分からないことは積極的に英語で質問をしていました。また、多文化が共生するシンガポールでは、働き方や組織のあり方に日本との相違が見られ、ここにも異文化を感じ取っていました。

 そして夕方、ホストファミリーと対面し、少し緊張しながらも笑顔で挨拶を交わして、それぞれの家に向かいました。Have a good night!!

2018年11月22日(木)各教科で授業改善に向けた研究会を開催

本校では、ルーブリックを用いたパフォーマンス評価の活用を軸に、授業改善に取り組んでいます。1122日は、玉川大学から石井恭子教授をお招きして、理科実験を通して、設定したルーブリックで適切な評価ができるのかを様々な教員の視点で検討しました。

2018年11月11日(日)高校生ビブリオバトル大会

いちおしの本の魅力を語り、聴衆が読みたくなった本を投票する「福井県高校生ビブリオバトル大会」が福井県立図書館で開催されました。第5回目のこの大会に本校から,  2年生の今村美吹さんが出場しました。そして, 今村さんが紹介した『想い出あずかります』(吉野万理子 著)が, みごと一位のチャンプ本に選ばれました。
 今村さんは「読んだ後に、ほっこりしたり、キュンとしたり、わくわくしたり、いろんな事が味わえる1冊です。皆さんもこの本と一緒に思いでのアルバムをめくってみませんか?」と語りかけ,  会場に集まった人に本の魅力を伝えました。今村さんは,  来年120日に東京で行われる「マイナビ全国高校ビブリオバトル決勝大会」に出場します。

2018年11月10日(土)放送コンテスト新人大会

 平成30年度福井県高校放送コンテスト新人大会1110, 福井市木ごころ文化ホールで開催されました。
 朗読部門に出場した1年生の福島陽菜さんが最優秀賞, アナウンス部門では2年生の塚本優希さんが優良賞に輝きました。2人は2月に開かれる北信越地区高等学校選抜放送大会へ出場が決まり, 福島さんは全国高等学校総合文化祭への出場権を獲得しました。


2018年10月21日(日)26日(金)ビブリオバトル,図書講演会
     

【ビブリオバトル大会】
 越前市民文学祭50周年記念「ビブリオバトル大会」が越前市福祉健康センターで開催され, 2年生の永田慎之介さんが出場しました。この大会は発表者が5分間で本を紹介し,観戦者と2分間の質疑応答を行い,最終的に参加者全員が「どの本を読みたいか」を投票して決めるというものです。永田さんが紹介した『乱反射』(貫井徳郎)が, みごと一位のチャンプ本に選ばれました。
 
 永田さんは、この『乱反射』は「登場人物ほぼ全員が犯人のミステリー小説」ですと語りだし、「人間の心の奥底にある闇と、その闇を乗り越えようとする光を体感してみてください。」と締めくくりました。 すばらしいプレゼンテーション力を発揮し, 会場に集まった聴衆に本の魅力を伝えました。

 

【図書講演会】
 10
22日から本校の第2回読書週間が始まりました。この期間は, 朝のSH10分間を読書タイムにあてています。そして、1026日には読書週間企画として第2回 図書講演会が行われました。今回は,福井大学名誉教授の三好修一郎生を講師にお迎えし, 『「恋死」について考える』というテーマで講演をしていただきました。
 
 講演会に参加した生徒達は,「古典が身近に感じられた」「もっと楽しみながら古典を勉強したい」と話し, 講演会終了後も貴重本を見せて頂くなど,古典の世界に興味を深めているようでした。

 


2018年8月29(水) オーストラリア派遣団 最終報告
     
     

 7月30日からオーストラリアの姉妹校を訪れていた派遣団18名は8月12日に全員無事に帰国しました。合計で10泊したホームステイでは,現地の家族と親密な関係を築くことができました。帰国後も頻繁に連絡を取り合っていて,オーストラリアにもう1つの家族を持てているようです。


2018年8月18日(土)オープンスクールが行われました
     
     

 中学3年生を対象としたオープンスクールが開催されました。今年度は31の中学校から,保護者の方も含めて合計628名が参加されました。たくさんのご参加ありがとうございました。

まず,体育館では本校の特色について,在校生の体験談を交えて説明が行われました。 続いて出身中学校ごとの会場に分かれて,「先輩と語る会」が行われました。ここでは,中学生と高校生が直接交流することができ,ある中学生は「先輩方が優しく質問に答えてくれました」とうれしそうに話していました。 そして,本校オープンスクールの目玉といえば,体験講座!「かぐや姫」を題材とした古典の授業,先日オーストラリアから帰国した生徒たちとの交流を楽しんだ英語の授業,身の回りの様々な光の色を観察した物理の授業など,中学校の授業とは一味違った高校の学習の一端に触れていただきました。

 部活動見学では,美術部や書道部,華道部の展示の他,図書館の見学,茶道部によるお茶のもてなし,吹奏楽部の歓迎演奏など,それぞれの活動場所で東高校の雰囲気を感じていただきました。また,イングリッシュ・タウンウォーキングでは,数名のALTの先生方とともに、越前和紙の里を訪問し,紙漉き体験を楽しんでいました。


2018年8月6日(月)、7日(火) オーストラリア派遣団報告④ ザビエル高校にて
     
     

 キャンバスツアー、日本語の授業、調理実習、キックベースボールなどを楽しんでいます。多くの生徒と英語だけでコミュニケーションができています。

2018年8月3日(金)オーストラリア派遣団報告③ ザビエル高校との出会い
ケアンズからオーストラリアの首都キャンベラに向かいました。空港でザビエル高校のホスト生徒と出会いました。この週末から新たな交流が始まります。
2018年8月3日(金)オーストラリア派遣団報告③ グッドカウンシル高校とのお別れ
   

グッドカウンシル高校とのさよならパーティーです。みんな名残惜しそうです。その翌日の朝にも全員集まってお別れをしました。でも9月下旬には再会できます。今度はグッドカウンシル高校の皆さんが本校を訪れます。

2018年8月1日(水)オーストラリア派遣団報告②
     

今日は、美術と日本の伝統文化の授業をホスト生徒と一緒に受けています。

2018年7月31日(火)オーストラリア派遣団報告①

 全員、無事にグッドカウンシル高校に到着しました。ホストの生徒と出会ってこれから楽しい交流が始まります。

2018年7月20日(金)県政出前講座,1学期終業式

17日に,2年生を対象に「県政出前講座」が行われました。産業,教育,福祉,工業など10分野の施策をリードする県職員をお招きし,講義をしていただきました。
 本校では,進学の志望動機を深めることを目的に,2年生全員がテーマを自由に設定し,年間を通じて課題研究に取り組んでいます。生徒たちは,自分の課題研究に役立ちそうな講座を選んで受講し,今後の研究の参考にしていました。

20日には,1学期終業式が行われました。熱中症対策のため,体育館を使わず,教室で放送による終業式となりました。渡辺校長は,式辞で先日の西日本豪雨や14年前の福井豪雨に触れ、「予測できない事態が起こっても乗り越えることができるように,常日頃から自分を鍛え、心を整えておくべきだ」と述べられました。
 いつもと違った環境で行われた終業式でしたが,生徒たちは真剣な表情で,式辞に耳を傾けていました。

2018年7月12日(木)熱戦!球技大会
     
     
     

 球技大会に先立ち,夏の県大会に出場する野球部と,上位大会に出場する卓球部,放送部の壮行式が行われました。
 二日間にわたる球技大会では,バレー,バスケットボール,バドミントンの三つの種目に分かれ,それぞれの生徒が熱戦をくりひろげました。部活動で日頃から運動している選手も,引退して久しぶりに動く3年生の選手も,運動はちょっと苦手という選手も,それぞれがプレーを楽しんでいました。
 特に二日目に行われた各種目の決勝トーナメントでは,白熱した試合が多くみられ、観戦する生徒たちもこぶしを握り締めて応援していました。

2018年6月10日(日)東高生による英語レッスン
     

福井市の県中小企業産業大学校にて,本校主催の「グローバル人材育成プロジェクト」が行われました。本校国際科2年生の15名が講師となり,中学生の参加者に英検の面接問題を題材にしたレッスンを行いました。本校の国際科の生徒は,「コミュニケーションの取り方や反応の良さも意識して」と面接のこつを伝え,中学生の生徒たちに丁寧に指導していました。
 レッスンに先立つトークショーでは,大阪大学大学院古谷大輔准教授と,妻で本校国際科の1期生だった同大学院特任事務職員の能子さんが対談されました。「グローバル人材」をテーマに時折笑いを交えたトークで,中学校の生徒たちやその保護者の方も熱心に聞き入っていました。

 この模様は6月15日付の福井新聞にも掲載されていますので,ぜひご覧ください。また、6月17日には,敦賀市あいあいプラザにて嶺南の中学生向けにセミナーが開催されます。

2018年6月13日(水)北信越大会壮行会

 春季高校総体で上位入賞を果たし、見事北信越大会への出場権を獲得した部活動への壮行会が行われました。出場者は男子ソフトボール部の皆さん,陸上部ハンマー投げの金子さん,女子ソフトテニス部の谷口さん・上坂さんペアです。東高校の代表として,全力でプレーしてきてください。応援しています!
 壮行会後に実施された、体力測定の様子も掲載します。

2018年6月9日(土)NHK杯全国高校放送コンテスト福井県大会で放送部が全国大会に出場決定!

65NHK杯全国高校放送コンテスト福井県大会が689, 鯖江市嚮陽会館で開かれました。

 その結果, アナウンス部門に出場した谷口伊織さん(3年)がみごと最優秀賞に輝きました。また, 同部門で塚本優希さん(2年)が優秀賞に, 藤田敬己さん(2年)が優良賞に選ばれました。さらに,  朗読部門に出場した福島陽菜さん(1)が優秀賞に選ばれました。

 番組では、ラジオドキュメント部門で作品「笑いに生きる」が優秀賞に, テレビドキュメント部門で作品「看護師からものづくり」が優良賞をそれぞれ獲得しました。

 なお、アナウンス部門の谷口伊織さん・塚本優希さんと, 朗読部門の福島陽菜さん, ラジオドキュメント部門は723日から東京で開かれる全国大会に出場します。

2018年5月25日(金)春季総体壮行会

 吹奏楽部が奏でる行進曲にあわせて,各選手団が入場しました。壮行会に先立って,新学期以降行われた大会での入賞者の表彰が行われました。壮行会では,選手たちに向けて,渡辺校長と生徒会長が激励の言葉を述べました。次に,それぞれの部長から力強い決意の言葉が述べられていきました。最後には,全校生徒みんなで校歌を合唱して,「チーム武生東」としての気持ちを一つにしました。

 3年生の生徒たちにとっては,3年間の集大成となる大会です。悔いのないように,全力を尽くしてきてほしいと思います。頑張れ!武生東高校!!


2018年5月12日(土)PTA総会
     
     

 平成30年度PTA総会および「国際科を育てる会」が行われました。今年度は総会に先立ちまして、公開授業が実施されました。特に1年生の教室には、多くの保護者の方にお越しくださいました。
 
 総会ではまず長谷川旧PTA会長のあいさつ,渡辺校長による本校教育活動の説明が行われました。続いて,清水新PTA会長および新役員の進行のもと,平成30年度事業計画・予算等の検討が行われ,承認されました。その後,各学年の説明会や進路研修会、ホーム懇談会が行われました。

 最後になりましたが、保護者の皆様、日頃より本校の教育活動とPTA活動に対してご支援とご協力をいただき、心よりお礼申し上げます。今後とも東高校をどうぞよろしくお願い致します。


2018年5月8日(火)留学生紹介
     

 今年度も交換留学生(ブリアンナ・ウォーカーさん)の受け入れをしています。オーストラリア出身のブリアンナ・ウォーカーさんです。2月まで本校の2年6ホームに在籍します。

Massage from Brianna

 Hello, my name is Brianna Walker. I am 17 old and I come from Australia.  I am an exchange student who will be living and studying in Japan for 11 months.  I am really excited to be attending Takefu Higashi and I hope I can make many friends while I am here!  I enjoy talking with new people, so please say hello if you get the chance.  I am looking forward to experiencing what life is like as a Japanese high school student and the differences between Japanese and Australian school.

2018年5月2日(水)リッカートン高校との姉妹校交流③
     

 あっという間の交流でした。武生駅に朝6時50分に集合し,お見送りです。ぜひこの交流が今後もずっと続くといいですね。We hope they come back soon!

2018年5月1日(火)リッカートン高校との姉妹校交流②
     
     
     
     

 週末はホストファミリーと過ごし,一緒に学校で授業を受けるのは今日が最後です。この日は除草も一緒に行いました。夕方にはホストファミリーも参加してさよならパーティーを行いました。吹奏楽部の演奏の後,ホストファミリーが持ってきてくださった料理を食べたり,ゲームをしたりしました。最後にリッカートン高校の生徒一人一人に修了証が渡されました。

2018年4月26日(木)リッカートン高校との姉妹校交流①
     
     

 4月26日(木)に,本校の姉妹校であるニュージーランドのリッカートン高校の生徒11名と,引率の先生2名がやってきました。遠足の後,ホストファミリーが迎えに来てくださり,さっそくホームステイの開始です。
 次の日はホストと一緒に登校し,歓迎会の後,数学,生物,体育などの授業を東高校の生徒と一緒に受けました。また,放課後には華道にも挑戦しました。


2018年4月26日(木)春の遠足
     
     

 前日の雨が嘘のような快晴の中,春の遠足が開催されました。1年生は西山公園,2年生はツリーピクニックアドベンチャーいけだ,3年生は白崎公園に行きました。どの学年もホームの絆が深まったすばらしい遠足となりました。
 
 なお,1年生の恒例行事である日野登山については,まだ雪が残っているため今年度は実施せず,来年度に1・2年生合同で行う予定です。





バナースペース

福井県立武生東高等学校

〒915-0004
福井県越前市北町89-10

TEL 0778-22-2253
FAX 0778-22-2259